高峰秀子『わたしの渡世日記』など

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

以下、先月分の読書録です。

☆中島敦『李陵・山月記』/☆瀧波ユカリ『オヤジかるた』/☆高峰秀子『わたしの渡世日記』/〇邱永漢『若気の至りも四十まで』/〇高峰秀子『わたしのインタビュー』/〇磯田道史『100分de名著 司馬遼太郎スペシャル』/☆高峰秀子『いっぴきの虫』/〇桑原滝弥、キッチンミノル『メオトパンドラ』/〇湯山玲子、二村ヒトシ『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』/〇坂本健『痛快!コンピュータ学』(〇は初読、☆は再読)

 年上の女友達から勧められて高峰秀子の著作をときどき読んでいます。往年の名優ですね。表題作は、幼くして映画界に入った著者が、家族以外の人間関係と仕事の機会には恵まれすぎるほど恵まれ、しかしプライベートは幸せとはかけ離れていた30歳までを綴った自伝です。自分と家族は非情なまでに冷徹に見つめつつ、恩人たちへの感謝には溢れ、高潔な人柄が伝わって来ます。日本映画が最も輝いていた頃の現場からの証言、激動の昭和史、一流の映画人たちから学んだ仕事論、現実と闘い続けた女性が結婚によって安住の地を得るまでの物語。様々な読み方ができるお得な本です。ベタつかない乾いた文章は読みやすく、爽やかな読後感を得られます。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スナック大宮アクセス

東京・西荻「ぷあん」

東京都杉並区西荻南2-24-1
(新宿から中央・総武線で15分、西荻窪駅下車3分)




愛知・喫茶スロース

愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)


ページ上部へ戻る