第119回のスナック大宮を東京・大塚で開催しました

7AB20757-552D-411E-B268-8158A09F65D2

写真:最後の挨拶をする僕と「小倉庵」店主の安藤さん。食べ物がやたらに美味しいと大人は盛り上がります。安藤さんにみんなで感謝!

 今月11日(土)の夜に、東京・大塚の蕎麦店「小倉庵」にて、スナック大宮を開催しました。22人のお客さん全員がドタキャンゼロで参加してくれたんです。料理はすべて粋な手づくり。堪能いたしました。チーママ(受付&会計係)をしてくれた荒木さんは「お料理を含めた小倉庵の雰囲気、サイズ感がとても良いのか、これまで参加したスナック大宮の中では、一体感バツグンな会でした」との玄人な感想をくれました。確かに、お店が暗かったり細長かったりすると席替えなどがしにくいですよね。参考になります。
 2次会などに誘い合って帰って行くお客さんを見送った後は、恒例となったチーママとの2人きり反省会。小倉庵の近所で見つけたスナックに入ったら、推定年齢75歳のお姐さんたちが明るく迎えてくれました。荒木さんと一緒にカラオケをして来ましたよ。今回もおかげさまで大成功。反省すべきことは特になし! 最後まで楽しい夜でした。

※スナック大宮は僕の読者交流会です。参加をご希望の方は、有料ウェブマガジン「冬洋酒」もしくは無料メールマガジン「冬洋漬」にご登録ください。開催の前月にご案内のメールを送ります。

小倉庵の常連さんには申し訳ないけど、今日は貸切です!

小倉庵の常連さんには申し訳ないけど、今日は貸切です!

チーママをしてくれた荒木さん。常連客の中から指名させてもらいました

チーママをしてくれた荒木さん。常連客の中から指名させてもらいました

鯛の切り身と豚肉と夏野菜が入った冷たい鍋。もはや「蕎麦前」のレベルを超えています。すごいよ、安藤さん!

鯛の切り身と豚肉と夏野菜が入った冷たい鍋。もはや「蕎麦前」のレベルを超えています。すごいよ、安藤さん!

写真が苦手な(安藤さんの)妹さんによる記念撮影。左から、キュートなお母さん、僕、安藤さん、奥さん、チマーマ荒木さんです。大成功でしたね!

写真が苦手な(安藤さんの)妹さんによる記念撮影。左から、キュートなお母さん、僕、安藤さん、奥さん、チーママ荒木さんです。大成功でしたね!

 

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る