飛騨でトークイベントをやりました

01803c9a88cbabce8cf9f7204ad6f9b4d7bf90b51e

写真:飛騨の国府町にある「やわい屋」。トークイベントと宿泊でお世話になりました!(撮影:根木さん)

 先週の木曜日と金曜日に岐阜県の飛騨地方に行きました。名古屋駅から「ワイドビューひだ」で2時間半ほど、途中からは峻険な山々の間を電車で登ることになります。「ぶらり一人旅」みたいなものが苦手な僕は、旅行には目的(会いたい人など)と頼もしい同伴者が必要です。今回は、飛騨在住の友人であるラッキョウワークスの松本さんが、新刊『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)のトークイベントをやってくれることになりました。しかも、地元の東三河からは友人の根木さん夫妻が参加してくれることになり、怖がり&寂しがりの僕でも安心して旅することができたんです。ありがたい。以下、根木さんが撮ってくれた写真で簡単にレポートします。

まずは本題のトークイベントの様子。20名弱の方が集まってくれました。

まずは本題のトークイベントの様子。20名弱の方が集まってくれました。僕の右が松本さん、左が朝倉さん(やわい屋店主)です。

松本さんの「らっきょうカレー」も美味しいけれど、とにかくご飯が絶品!

松本さん手づくりの「らっきょうカレー」と飛騨産のご飯。ベストマッチ!

やわい屋の本業は民芸品店。全国の作家とやりとりをしているそうです。

やわい屋の本業は民芸品店。全国の作家とやりとりをしているそうです。

縁側からのおしゃべりスペース。築150年の古民家を移築したという重みが漂います。

おしゃべりスペース(広い縁側?)。築150年の古民家を移築したという重みが漂います。

2階では新古書を売っています。店主がブックオフでセレクトして来たそうです。4冊、買わせてもらいました。

2階では新古書を売っています。店主がブックオフでセレクトして来たそうです。4冊、買わせてもらいました。

2階の読書机。自然光で読書するって気持ちいい……。

2階の読書机。自然光で読書するって気持ちいい!

2階のくつろぎスペース。畳から外を眺めると……

2階のくつろぎスペース。畳から外を眺めると……。

オーシャンビューならぬ田んぼビュー。のどかです。

オーシャンビューならぬ田んぼビュー。のどかです。

翌日は、やわい屋のご夫妻おすすめの蕎麦店「弥助」へ。

翌日は、やわい屋のご夫妻おすすめの蕎麦店「弥助」へ。

塩おむすび(50円!)が美味しすぎて、蕎麦の記憶がありません。

塩おむすび(50円!)が美味しすぎて、蕎麦の記憶がありません。

午後は、古川町にあるFabCafeHidaへ。昔の大金持ちの邸宅を再利用しているとのこと。。松本さんはここのスタッフでもあります。

午後は、古川町にあるFabCafeHidaへ。昔の金持ちの邸宅を再利用しているとのこと。松本さんはここのスタッフでもあります。

内部は都会的なので驚きました。Cafeスペースはもちろん、木工所や宿泊施設もあります。

内部はスタイリッシュで都会的なので驚きました。カフェスペースはもちろん、木工所や宿泊施設もあり、海外からの利用者も多いそうです。

 

 1泊2日の駆け足の旅で、帰りには大雨に遭いましたが、それでも飛騨の潜在力を大いに感じました。古民家はどれも見事で、木工の技術が脈々と引き継がれているようです。それを国内外に向けて「高く売る」ことにも努力しています。その前提となるのは豊かな山森と清冽な川水の存在ですが、突破口となるのは人の力ですよね。人口規模の小さな地方であればあるほど、官民問わずに1人の人間が発揮できる影響力は大きくなる気がします。人口8万人の地方都市に住んでいる僕も実感していることです。それが地方で暮らす面白さの1つではないでしょうか。今後、ライターとしても飛騨の挑戦を見つめていきたいと思っています。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る