第83回のスナック大宮を東京・西荻窪で開催しました

f0084436_1295660

以前、この写真を撮ってくれたカメラマンYさんも久しぶりに参加してくれました。これが「ぷあん」の洋室です

 昨日、東京・西荻窪のアジア食堂「ぷあん」にて、スナック大宮を開催しました。25人のお客さんをお招きしてワイワイとおしゃべりしましたよ。ぷあん2階にある座敷に2テーブル、洋室に1テーブルを設けて3つに分かれて座って食事してもらうのが最近のやり方です。8人ぐらいならばギリギリ同じ話題で話せたりしますからね。盛り上がるテーブルとそうでもないテーブルができてしまいますが、そのへんは各自の大人力に任せるしかありません。気まずい沈黙を逆に楽しむプレイもありだと思います。もし僕が参加者の立場だったら、「あまり盛り上がらないテーブルならば適当に話題を提供しつつ、近くに座った美人やナイスガイと個別におしゃべりを楽しむ」ことを目指します。2回ほど席替えもするので、さりげなく好みの人の隣に移っちゃってもいい。周囲への気遣いと図々しさの両方を発揮してほしいです。各テーブルを回っている僕は、誰の隣に座っても喜んでもらえます。嬉しいな。主催者なので当たり前ですよね。他の場ではこうはいきません。モテを勘違いしないようにしたいです。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スナック大宮アクセス

東京・西荻「ぷあん」

東京都杉並区西荻南2-24-1
(新宿から中央・総武線で15分、西荻窪駅下車3分)




愛知・喫茶スロース

愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)


ページ上部へ戻る