謹賀新年

image-1

 あけましておめでとうございます。愛知県蒲郡市に住み始めて5回目の新年を迎えました。今年は厄年なので、地元の厄年会に入れてもらったのです。我が家の氏神神社は、三河湾に浮かぶ竹島という無人島(江の島みたいに橋で渡れます)に祭られている八百冨神社。橋を渡る前にも遥拝所が設置されていて、そこから橋と島と海を臨む風景は一度は観てほしい美しさです。厄年会とは、厄年の学年(僕たちは昭和51年4月~52年3月生まれ)の氏子たちが集まり、神社に奉納したりすることで厄を払う集まり。僕たちは辰年もしくは巳年なので「辰巳会」と呼ばれます。

 元日の本日は年明けと同時に参拝客にお汁粉・おでん・豚汁を振る舞いました。早朝の準備から深夜の片づけまで肉体労働が散発的に続きますが、仲間たちとバカ話をしながら過ごすとまったく辛くありません。40歳は社会人としても働き盛りなので、20人超も集まって結束するとあらゆる仕事がスムーズに進むことも実感します。頼もしくて誇らしいです。揃いの法被(写真)を着て作業や参拝をすると、不思議な昂揚感に包まれます。人と一緒に働くことの楽しさをかみしめる1年にしたいです。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スナック大宮アクセス

東京・西荻「ぷあん」

東京都杉並区西荻南2-24-1
(新宿から中央・総武線で15分、西荻窪駅下車3分)




愛知・喫茶スロース

愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)


ページ上部へ戻る