瀬戸内を旅しました

image (10)1

 先日の3連休は瀬戸内を2泊3日で旅してきました。広島県尾道市まで新幹線で行き、そこでレンタカーをし、しまなみ海道を渡って愛媛県今治市で2泊。最終日は香川県丸亀市で讃岐うどんを食べて、岡山駅まで戻って新幹線で愛知に戻る、というコースです。計画・予約・運転は妻、荷物持ちと助手席での居眠り係は僕が担当。これはいつも通りです。正直言ってあまり期待していなかったのですが、風景は予想以上に美しく、料理は美味しく、驚きもある旅でした。特に良かった場所を写真でご紹介します(上の写真は尾道の街角です。僕専用の銭湯を見つけました!)

ランチの尾道ラーメンもよかったけれど、夜の尾道も楽しそうだな…。

ランチの尾道ラーメンもよかったけれど、夜の尾道も楽しそうだな…。

今治市大島にある千年松という旅館。眺望も料理も接客も100点! 来年も来たいな…。

今治市大島にある「千年松」という旅館。眺望も料理も接客も100点! 桜鯛が旨すぎです。

「千年松」の部屋にて。コタツが嬉しい! 朝からちょっと飲みました

「千年松」の部屋にて。コタツが超嬉しいです。朝からちょっと飲みました。

若い頃の隈研吾さんが設計したという「亀老山展望台」。機能的でかつ美しい建物でした。

若い頃の隈研吾さんが設計したという「亀老山展望台」。機能的でかつ美しい建物でした。

image (7)

「能島水軍」という食堂から船に乗せてもらい、40分間の潮流体験。海なのに川のような流れ!

ランチは友人Kちゃんのおすすめ「食堂みつばし」にて。いいお味でした。

大島でのランチは友人Kちゃんのおすすめ「食堂みつばち」にて。大変いいお味でした。

2泊目は今治市本土で。今治城のお堀には海水を引いているとのこと。フグが泳いでいました。

2泊目は今治市本土で。今治城のお堀には海水を引いているとのこと。フグが泳いでいました。

瀬戸大橋途中のSAから撮影。こんなにデカくて高いとは…。圧倒されました

瀬戸大橋途中のSAから撮影。こんなにデカくて高いとは…。圧倒されました。

 

洋服に少し興味がある僕たちのちょっと真面目な目的は、「今治タオル美術館」と岡山県の「児島ジーンズストリート」を訪ねることだったのです。どちらも充実した内容で、たくさんのお客さんを集めていました。でも、僕が再訪したいのは今治市大島に尽きます。透明度の高い海に囲まれたほっこりサイズの島に、水軍の歴史と良き店があるのです。四国の観光産業のハイレベルさを垣間見た気がしました。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スナック大宮アクセス

東京・西荻「ぷあん」

東京都杉並区西荻南2-24-1
(新宿から中央・総武線で15分、西荻窪駅下車3分)




愛知・喫茶スロース

愛知県蒲郡市神明町9-14 市川ビル
(JR蒲郡駅北口より徒歩2分)


ページ上部へ戻る