いとうせいこう『「国境なき医師団」を見に行く』など

51WNbazHbLL._SX350_BO1,204,203,200_

以下、先月分の読書録です。

〇西野亮廣『革命のファンファーレ』/〇藤沢周平『獄医立花登手控え』/☆内田樹『街場のメディア論』/☆田辺聖子『三十すぎのぼたん雪』/〇松本太『世界史の逆襲』/〇村上春樹『職業としての小説家』/〇『竹島水族館の本』/☆高野秀行『ワセダ三畳青春記』/☆リリー・フランキー『誰も知らない名言集』/〇いとうせいこう『「国境なき医師団」を見に行く』/〇藻谷浩介『世界まちかど地政学』/〇宇田川勝司『なるほど世界地理』(〇は初読、☆は再読)

先日、友人と飲んでいるとき、「国境なき医師団というネーミングはものすごくカッコいい」という話になりました。その会話をなんとなく覚えていて、手に取ったのが表題作。寄付をしていたら団の広報担当から取材を受け、その場で逆に取材を申し込み、世界の現場(医師団の活動地域)に出かけていくというストーリーは自然で面白いと思いました。人間には共感能力があり、それがある限り絶望からは遠い、というくだりにはまさに共感します。

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る