出張!スナック大宮@神奈川・石川町に参加しました

料理2オードブルお肉のテリーヌ

写真:会場になってくれた「レストランエイスケ」(横浜市石川町)の前菜。昼から白ワインが飲みたくなるお味です。

 スナック大宮の常連さんにお願いして、その方の好きなお店で宴会をする「出張!スナック大宮」。僕はメルマガなどで告知するだけど、人選から当日の仕切りなどのすべてを幹事さんにお願いしちゃっています。今年はすでに東京の神田と池袋で開催。第3回は、横浜の元町(石川町)に住む吉田さん夫妻が企画してくれました。スナック大宮内カップルでもあるご夫妻は、二人目のお子さんを待機中。つまり奥さんは妊娠中なので遠出はできません。でも、みんなでワイワイやりたい!ということで旦那さんのほうが奮闘して、ご自宅近くの素敵なレストランでのお昼開催となりました。ご夫婦で経営している個人商店で、大きな窓ガラスのすぐ向こうに商店街が見えるという小粋な造りで、愛想のいいソムリエさんが臨機応変に接客してくれて、料理はちゃんと美味しい。僕が好きな要素が詰まっているお店でした。さすが吉田夫妻…! 来てくれた約20人のお客さんも満足していただいたと思います。やっぱり「場」は大事ですね。

主催してくれた吉田夫妻と恒例の「すしざんまい」ポーズで記念写真

主催してくれた吉田夫妻と恒例の「すしざんまい」ポーズで記念写真

メインはイベリコ豚のロースト。脂身が少なくしっかりした歯ごたえ。僕好み!

メインはイベリコ豚のロースト。脂身が少なくしっかりした歯ごたえ。僕好み!

お客さんたちには各自で2次会に行ってもらい、僕たちお世話係は近くの公園で反省会をしました。反省点は特になし! 吉田さん、ありがとう!

お客さんたちには各自で2次会に行ってもらい、僕たちお世話係は近くの公園で反省会をしました。反省点は特になし! 吉田さん&えりこさん、ありがとう!

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る