12月のポートレート大宮およびスナック大宮、参加者募集中です

5

モデル:Eさん 撮影:馬場敬子

 そろそろ年末モードですね。今年はウェブマガジン開設などのチャレンジをした年でした。取材などを通していろんな方と出会って痛感するのは、「相手から『いいな』と思われなかったら出会いは発展しない」ということです。だからこそ、自分がいいなと思った相手とは損得抜きで朗らかにお付き合いして、ご縁をつないでいきたいと思っています。さて、来月のイベントのお知らせです。

●第13回ポートレート大宮
プロのカメラマンとライター(僕です)による写真とインタビューで、あなたの「いま」を美しく切り取って提供するサービスです。
日時:12月7日(土)10時30分~、12時30分~、14時15分~(各1名様。所要時間は1時間半)
場所:東京・神楽坂「ひとまちっくす神楽坂」事務所
https://kagurazaka.hitomachix.org/access/
料金:3万円からの投げ銭制(後払い)
※3名様を先着でお受けしますので、ご希望の方はお早めにこちらからご連絡ください。
※仕上がった写真と原稿は、SNSのプロフィール欄の他、婚活や転職の際にも自由に使っていただけます。
※「12月は日程的に無理だけど、来年以降に利用を検討したい」という方は、よければこちらの優先予約メルマガ(無料)にご登録ください。開催前月の10日前後にコラム付きのメルマガをお届けします。

●第125回スナック大宮@東京・西荻窪
日時:12月7日(土)18時30分~21時30分まで(遅刻早退OKです)
料金:おいしいアジア料理各種とドリンク2杯で5000円(3杯目以降は1杯500円で飲めます。自己申告制の後払いです)
場所:西荻窪「ぷあん」(新宿からJR総武線で15分、西荻窪駅下車3分)2階
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13024603/dtlmap/
東京都杉並区西荻南2-24-1
03-5346-1699
申込:大宮宛に 「第125回スナック大宮@東京」の参加希望であることを明記の上、氏名(必須)と電話番号(必須)、メッセージ(スナック大宮への参加歴など。任意)をこちらから送ってください。
※23名定員です(残席5)。
※会場となる2階は靴を脱いで上がるスタイルです。
※上述のポートレート大宮を14時15分~15時45分の回で利用いただく方とは、そのままスナック大宮に「同伴出勤」しちゃおうかなと思っています。ご希望の方はその旨も合わせてご連絡ください。同伴に別料金はかかりません。お茶だけご馳走してください。

●第2回独身限定!出張スナック大宮@東京・渋谷
日時:12月8日(日)14:30~17:30 (14:20から受け付け開始)
料金: 4000円(ドリンクとおやつをご用意します)
場所:「Event lounge warp」
東京都渋谷区宇田川町17-1 渋谷ブラザービル7F
http://warpzonevrshibuya.info/access
申込:お手数ですが、こちらのサイトより申し込んでください。
※30名定員です(女性は満員御礼。男性は残席4)
※結婚相談所の比較申込サイト「こんかつ山」との共同開催です。参加は独身の方に限らせていただきます。
※男女のマッチングではなく、結婚相談所と独身の方のゆるい交流を目的としたイベントです。僕は日中から楽しく飲んでいるだけですけどね(笑)。当日の無料カウンセリング申し込みをした方が優先的に参加できます。お申し込み後、参加確定のメールを「こんかつ山」より送ります。

以上です。来月、みなさんとお会いするのを楽しみにしています!

著者プロフィール

大宮 冬洋
大宮 冬洋
 1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
 高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
 2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。

<著書>
『30代未婚男』(リクルートワークス研究所との共著/NHK出版 生活人新書)
『ダブルキャリア』(荻野進介氏との共著/NHK出版 生活人新書)
『バブルの遺言』(廣済堂出版)
『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)
『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る